スタッフ

役職 名前 球歴 備考
会長 横沢 正和 日大藤沢高→国学院大学 第77回全国高等学校野球選手権大会ベスト16
日大藤沢高が初めて夏の甲子園に出場した時の主将。
監督 伊藤 洋一郎 横浜高→東京農大→都筑中央ボーイズ監督 横浜高時代は長身左腕・強打で県ベスト4
都筑中央ボーイズ監督時代はジャイアンツカップベスト4
ヘッドコーチ 吉田 康行 日大藤沢高→日大 副島氏(元ヤクルト)・高橋氏(現巨人監督)の桐蔭学園に敗れた神奈川大会準決勝で、ライト・ショート・キャッチャーを守り刺殺を記録。気合で過ごした高校時代から一転、最新の野球理論を積極的に学び取り入れる。基礎練習へのしつこい姿勢は現役時代と変わらない。
コーチ 小綿 重雄 盛岡三高→慶應大→岩手銀行→岩手銀行監督 高校時代は作新学院の江川氏(元巨人)とともに甲子園を沸かせた。3回戦で鹿取氏(元巨人)の高知商業に敗れるも完投した3試合で失点3。大学時代はリーグ戦9勝。
コーチ 北村 幸亮 横浜高→神奈川大→三菱ふそう 甲子園は2・3年時に2度経験。全国優勝した日大三高に準決勝でサヨナラ負けを喫した。大学時代は首位打者など球歴多数。
コーチ 下和田 辰宜 拓大広陵校→拓大 当時、東の横綱と恐れられた強打の拓大広陵出身。全国準優勝した代の2学年下故に、高い野球理論と丁寧な指導、強烈な縦社会を生き抜いてきた優しさがある。
コーチ 若杉 聖一 横浜高→関東学院大 第65回選抜・第66回選抜・第76回夏と捕手として3度の甲子園に出場。セントラルリーグ盗塁王赤星選手(元阪神)を刺殺した。大学選手権も出場経験あり。
コーチ 北村 照文 武相高→三菱名古屋→阪神タイガース 地元武相高校を卒業後、社会人野球を経て阪神タイガースに入団。俊足堅守の外野手として優勝に貢献。北村照文‐Wikipedia
スカウト部長 佐藤 正教 東海大高輪台→東海大北海道 北海道六大学リーグ最多勝、最優秀投手賞等受賞歴多数。アトランタ五輪代表候補。現在、東海大北海道の本州支部スカウトを兼務。
審判長 五藤 正泰 堀越高

中学時代は県3位エースの実績を引っ提げ強豪堀越へ。同級生に岩隈久志選手(現マリナーズ)がおり、140㎞右腕も公式戦当番0。1年秋から卒業まで万年背番号10。

専属トレーナー 宮原 千明

都筑すまいる接骨院 院長。柔道整復師、整体師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。東京女子体育大学在学中にはライフセービングインカレチャンピオンに輝く。アクアスロン(長距離走+水泳)大会 優勝経験多数の現役アスリート。